2017-06

野菜ソムリエ 大阪27期 「彩才菜の会」 とうもろこしをおいしく食べよう!  - 2014.07.29 Tue

1

  野菜ソムリエ 大阪27期 「彩才菜の会」  
           とうもろこしをおいしく食べよう!


先日、野菜ソムリエの同期の会で 「とうもろこしのイベント」 を行いました
写真の編集が上手くいかず、アップが遅れてしまいましたが、
「せんの会」 のメンバーの皆様も暑い中お運び頂き有難うございました。

今回、「彩才菜の会」 のメンバーの太田さんの畑で実ったとうもろこしの真夜中の収獲から
搬送、栄養に関する書類作成、レシピ開発 調理、講演など
全てをメンバーの手で進めることが出来ました。 

性別・年齢・職業も違う 「野菜ソムリエ」 が、
仕事の合間をぬっての厳しいスケジュールの中
少しでも皆様に喜んで頂ければと力を合わせました。

年長の私は若い皆さんに、いつも助けてもらいながらの楽しいイベントです。
一人では決してできないことが、いろんな分野のスペシャリストの手によって
まとまっていく過程と達成感はまるで学生気分
メンバーのみんなに心から感謝しています。

今回のレシピは

  1.ささみと夏野菜の冷製ミルフィーユ

  2.とうもろこしとはんぺんの簡単お焼き

  3.夏野菜のヨーグルトサラダ パンケーキ添え

  4.具だくさんコーンのスープ カレー風味

  5.簡単とうもろこしご飯

  6.デザート  とうもろこしプリン

また、レシピもご紹介させて頂きますね!
今回も「和と洋」 のテーブルコーディネートで盛り付けをしてみました

2


ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村  
    


「旬野菜は幸せな春の風! 和食でおもてなし 」 管理栄養士 藤田みや子先生のちょっと得だね - 2014.03.18 Tue

zenntai+_convert_20140314011142.jpg

           弥生の 「せんの会」

 「旬野菜は幸せな春の風! 和食でおもてなし 」

関東に春一番が吹き荒れ
南国高知では桜の開花宣言
春はもうそこまで
三寒四温
温かくなったり冷え込んだり
今月は身体の調子を整えるのが大変

こんな時こそ、旬の野菜をたっぷり取って
身体の中から元気になって頂きたいと思います。

春は芽吹きものが顔をだし
ほろ苦い山菜や春野菜が美味しくなってきます。

そこで、「せんの会」 メンバー
管理栄養士 藤田みや子先生の
   「ちょっと特だね!」
をお届けいたします。

★ 旬野菜の効用 ★

人間が健康に生きるための最適な体温 血糖 脈拍 血圧 血液成分濃度などは
決まっています。
もし外気温あるいは食べ物、その他多くの影響でその値が変化した時は元に戻そ
うとするシステムが備わっています。
それを恒常性(ホメオスタシス)といいます。

例えば、暑い夏に体温が上がってくると皮膚表面から汗を出し、その汗が渇く時の
気化熱で体温を下げようとします。
又、塩辛い物を食べ過ぎると血液の塩分濃度を薄めるため喉が渇き水を欲しくなり
ます。
食後数時間過ぎると血糖が下がり空腹を感じますが、食事によって血糖が上がって
くると満腹を感じるのも同じです。

このように恒常性により生命は維持されていますが、季節の野菜もその役割を担っ
ています。春には苦みを盛れ、と言います。
蕗の薹やこごみ、せり、タラの芽、ヨモギなど春の野菜に含まれる成分には冬の生活
で体内に溜まった余分な脂肪や老廃物の浄化作用がありますが、これも恒常性を助
けます。

又、昔から三里(約12キロメートル)四方の野菜を食べろという諺があります。
これは、自分が育った近くで採れる旬野菜を食べることが恒常性を助け健康を守る、
との教えの様にも思います。

osake_convert_20140317163538.jpg


ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

クックパッドの「健康レシピ」の№10 に「せんの会」 レシピが5 レシピ登録されました - 2013.08.12 Mon

1

クックパッドの 「健康レシピ」 の №10 
                  「せんの会」 レシピが 5 レシピ 登録されました。

 野菜ソムリエ お勧め健康レシピ

この溶けてしまいそうな 「今までに経験したことのない厚さ」
皆様、お元気にお過ごしでしょうか!?

以下の5品はクリックしていただくとレシピをご覧頂けます。
身体の中から元気になって頂ける、野菜たっぷりの健康レシピです。
良かったら、お作りになって下さいね!

 ひき肉とごぼうのカレー   № 1 レシピにンりました。

 夏野菜のチーズカポナータ

 かばちゃのお焼き

 山芋ともずくの酢の物

 夏野菜のラタトューユ

ratatuyu_convert_20130714011832.jpg


手書きの箸帯 収納のヒント! とってもちっちゃい編 - 2013.06.19 Wed

ohasi_convert_20130608204447.jpg

            6月 手書きの箸帯 後藤晴美様作

「せんの会」 は和やかな手作りの憩いの場です。
メンバーの皆様が毎月楽しみにして下さっている一つが、
メンバーのお一人「後藤晴美さんのて手書きの箸帯」なんです。
良くこんな小さなところに描けるものだと感心するばかり。
四季折々の風景を愛らしく表現されていて
本当に可愛いのです。
6月は、雨蛙・蛇の目傘・露草
今にも飛び出してきそうな緑の雨蛙

           収納のヒント! とってもちっちゃい編 
 
もう何年もメンバーの後藤晴美さんが、毎月 季節の一筆画で箸帯を描いて下さっています。
バラバラにしまっていましたが、四季に分け収納してみました。

箸帯1

ブルーが秋冬 黄色は春夏 に区別しています。
ケースは100円ショップのビーズやボタン、薬等を小分けする蓋付きの物です。
蓋には、「8月茄子」「9月とんぼ」などとシールを貼っています。

細かいものの収納に困られた時のヒントになさって頂ければ嬉しく思います。

箸帯

いつも、右のビニール袋に100枚描いて送って下さいます。
もう、10数年以上「せんの会」にご縁を頂いている、あらゆる面において知識豊かな素敵な女性です。
私を見守って下さる大勢の方々の大切なお一人です。

何年いらして下さっても、感動して頂けるお教室でありたいと願っています。

今月のお酒 吉村秀雄商店  ☆ 青みかん酒 ☆ - 2013.06.12 Wed

osake_convert_20130608213040.jpg

今月のお酒 吉村秀雄商店  青みかん酒   

今月、吉村秀雄商店 さんから送っていただいたお酒は
色がとても綺麗で、お味もとっても爽やか!
思わず飲み過ぎてしまいそうなりキュール
蒸し暑くなるこれからの季節にぴったりのお酒です

では、酒蔵さんからの解説をどうぞ!

原材料 日本酒、青みかん(摘果みかん)、檸檬、糖類
アルコール度 13度

☆ お酒解説 ☆

みかんの本場、紀州からの贈り物。夏だけ限定の和リキュールです。
今頃の季節、みかんはまだまだ硬く青い果実です。
冬に甘くておいしいみかんになるため、摘果といってせっかく育った青いみかんをこの季節に間引きます。
そんなかわいいみかんに救済の手を差し伸べたのがこのお酒です。
摘果みかんを農家さんから無理を言って譲っていただき、季節を先取り、早摘み青みかんの若さそのまま
をぎゅぎゅっと搾って和リキュールにしました。
若さそのままの青みかんは、ビタミン豊富でやさしい酸味のさっぱりとしたお酒です。
青みかんの量はとても少ないため、数量限定、めったに見かけないレアものです。
当店の造る日本酒をベースに、まだ 青い味を残すみかんと果皮を搾り、
隠し味にちょっぴりレモンを垂らした酸味の心地よい夏の和リキュールです。
もちろんストレートでも美味しいのですが、クラッシュアイスやロックでもいけますよ~~

☆ 摘果(早摘み)蜜柑 ☆

 冬の定番果実として人気のみかんですが、自然の生育に任せていると、小粒で糖度ののらない果実になり、
翌年の結実数にも影響するため、夏の間に生育を促すため青みかんの間引を行います。
ちなみに花や蕾のうちに間引くことを摘花、摘蕾といいます。
今までは廃棄されていた摘果みかんですが、温州みかんにはアトピーなどのアレルギーに抗アレルギー作用
を示すヘスペリジン(ビタミンP)が含まれており、このへスぺリジンは青い未熟果ほど多く含まれていることが
分かってきました。(近畿大学薬学部薬用資源学研究室 教授:久保道徳氏による)そのため、ドレッシングや
ジュースに利用されることも多くなり、最近では注目の食材となっています


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR