2017-10

ジューシー焼き餃子 - 2012.08.29 Wed

ジューシー餃子

ジューシー焼き餃子

夏休みも後わずか、まだ自由研究が出来ていない方!
我が家は子供が小さい頃、「夏休みの自由研究」に良く調理実習をしました。
調理過程の写真を取って、レシピと感想や試食の様子もアップして、なかなか素敵な出来上がりでしたよ。

そこで、ちょっとプロの裏技のご紹介!
「羽根つき餃子」 が家で出来るなんて嬉しいですよね!
しかも、中からはゼラチンが溶けて鶏ガラスープがジュワ~とジューシー。
意外と簡単に出来るんですよ!
時間がなければ、鶏がらスープゼラチンはなくてもOK!
夏休みお子様と一緒にプロの餃子を作ってみては如何ですか?

餃子の中身はお好みの野菜(にら・白菜)でもOK!です。
①のゼラチンだけは先に作って冷蔵庫で固めておきましょう!


〔材料〕
       合挽ミンチ         200g
      キャベツ          6枚     
      生姜・にんにく(みじん)  各1片ずつ  
      塩・胡椒         各少々   
      粉ゼラチン         5g(1袋)   
      鶏ガラスープ       180ml      
      餃子の皮          40枚    
      (A)水             100ml   
        小麦粉          小2   
      塩・サラダ油       
 

〔作り方〕
      ゼラチンは水(大2)でふやかしておく。鍋に鶏ガラスープを温め、ゼラチンを溶かしそのまま
       冷やす。
       注:この作業だけは前日か、少なくとも3~4時間前に済ませておきましょう。

      キャベツは塩少々を入れた湯でさっと茹で、みじん切りにし、水気をしっかり絞る。
 
      ボウルに合挽肉・キャベツ・生姜・にんにく・塩・胡椒を入れて混ぜ、さらに①を加えてねばり
       が出るまでよく混ぜ合わせる。この具を餃子の皮の中心に置き、周囲に水を付けて包む。

      フライパンにサラダ油を熱し餃子を並べる。(A)を餃子の半分より下くらいまで注ぎ、蓋をして
       7~8分蒸し焼きにする。カリカリになったら器に盛る。お好みの辛子酢醤油で頂く。



ししゃもの南蛮漬け «  | BLOG TOP |  » 松茸の天ぷらと野菜のかき揚げ

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (229)
洋食 (120)
中華 (113)
デザート (50)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (112)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (141)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR