2017-09

12月 吉村秀雄商店さんからのお酒 「しょうが酒」 - 2012.12.10 Mon

    osake1_convert_20121209231711.jpg

         12月 吉村秀雄商店さんからのお酒 「しょうが酒」

「せんの会」クリスマスパーティーに合わせて、吉村秀雄商店さんから、ピリリと身体に中から温まる
「しょうが酒」を送っていただきました。

お燗やお湯割りは勿論、オンザロックやソーダ割りでもお楽しみ頂けます。
洋風のクリスマス料理を引き立てる美味しいリキュールです。

では、酒蔵さんからの解説をどうぞ!

    osake2_convert_20121209231744.jpg

☆ しょうが酒 ☆ 

原材料 日本酒、しょうが(国産)、糖類   13度  沈殿物が生じますので良く振ってお飲みください。
保存  冷暗所     

☆ お酒解説 ☆

「しょうがは百邪を防御する」と言われるほど体を温め免疫力をアップさせる生薬として利用されてきました。
そのしょうがをたっぷりとすりおろし、日本酒に漬け込みました。あとほんの少し砂糖を入れて子供の頃、
風邪をひいたらおばあちゃんが作ってくれたしょうが湯のような懐かしい味にしました。
寒い日には、お燗もしくはお湯割り(5:5)で体にじんわりなじみ、ほかほかと温もり、そして寒気がふき
とびます。暖かい部屋ではロックやクラッシュアイスも合いますよ。
大人味のしょうが酒に仕上げていますが、甘さがもう少しほしい時には、蜂蜜を少し足してください。
冬の夜、食後に味わう大人スイーツに早変わりします。

☆  酒は百薬の長 ☆

酒は百薬の長とよく巷では言われております。蒸留酒と醸造酒では、健康面ではやはり醸造酒に軍配が
あがります。と言うのも蒸留酒はスピリッツというくらいでアルコールの効果そのものを楽しむお酒です。
しかし、醸造酒はその原料や発酵の段階で産生される有用成分がそのままお酒の中に含まれます。
とりわけ米と米麹の糖化と発酵で造られた日本酒は栄養成分が豊富に含まれています。
アミノ酸、ビタミン、肝臓によいペプチド、またミネラルなども豊富です。
毎日1合程度の日本酒を飲んでいると、豊富なアミノ酸で肌の色艶もよくなってきます。
おすもうさんのもち肌は日本酒がかなり貢献しているそうですよ。
また、漢方薬の中にもお酒とともに服用するよう定めた当帰芍薬散や八味丸といった薬もあります。
日本酒につけこむ屠蘇酒は、正月に健康を願って飲む薬酒です。
さらに漢字の世界でも医の旧字体の醫の下にある酉は酒のことで、医の字は矢の入った硬い箱という
意味です。これは箱の中で醸した酒、つまり薬酒を意味しているともいわれています。
日本酒を適度にたしなむことはお肌にも健康にもよいことみたいですね。

お大人のクリスマスツリーと感動の自作コンポート «  | BLOG TOP |  » 12月 「せんの会」 クリスマスパーティーが始まりました。

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (229)
洋食 (120)
中華 (113)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (111)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (140)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR