2017-09

鯖の韓国風唐揚げ - 2013.01.11 Fri

saba

鯖の韓国風唐揚げ

鯖と言えば塩焼きや味噌煮。
今日はちょっぴり韓国風にアレンジ
ニンニクとショウガの風味が魚臭さを消し、
野菜もたっぷり添えて、バランスの良い1品です。

鯖の旬は秋~冬 今頃の鯖を「寒鯖」と呼びます。
DHAも豊富でお子様やお年寄りにも欠かせない栄養分です。
魚嫌いのお子様にも唐揚げにすると意外と克服の一歩になりますよ。
若いお母さん!頭の良い子供に育てたければ、お魚は大事ですよ!

EPAの含有量は特に多く、その量はほかの青魚の3~4倍!
鯖の血合いはビタミン、ミネラルの宝庫で、ビタミンB2は青魚の中で最も多い含有量で、
美肌効果や動脈硬化の予防、老化防止、肥満予防に役立ちます。
お肌が気になる女性にもメタボでお悩みの中年男性にも嬉しい食材です。

ただ一つ要注意な一点 
「鯖の生き腐れ」といわれるほど傷みが早く、鮮度が低下すると多量に含まれるヒスチジン
ヒスタミンに変化して、じんましんや腹痛を起こすこともあるので、新鮮なうちに調理しましょう。


〔材料〕
鯖             1尾
(A)醤油・酒       各大2
  生姜汁        少々
(B)にんにく(みじん) 1片分
  醤油・胡麻油    各大 2
  砂糖         小 2
  白いり胡麻     大 2
片栗粉         適量
サラダ油        適量
水菜(菊菜)      適量
プチトマト・すだち

〔作り方〕
鯖は三枚におろし、腹骨や中骨なども抜き、食べやすい大きさに切り、(A)を合わせて15分ほど漬ける。
  水菜は4~5cm長さに切る。

①の鯖の汁けをよく拭いて片栗粉を薄くまぶし、やや低めの170℃の油で2~3分揚げる。

器に水菜を敷いて②の鯖を盛り、(B)を良く合わせたたれをかけて、プチトマトとすだちを添える。



 このレシピは クックパッド にもアップしています。
   印刷される方はリンクしておりますので下記よりどうぞ!
   美味しくできたら 「つくれぽ」 も送って下さいね。  
Cpicon 鯖の韓国風唐揚げ by せんの会


陶芸教室 「桃久李」  コンポート型小鉢 と 粉引き手びねり小鉢 «  | BLOG TOP |  » 鏡開きに 「超簡単 おぜんざい」

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR