2017-08

春の旬便り 「掘り立て筍」 - 2013.04.15 Mon

1

春の旬便り 「掘り立て筍」

「先生、筍を掘ってきたんですが、召し上がりますか? 今からお持ちしますね。」
とお電話を頂きました。
さっきまで、大地の中にこっそり潜んでいた筍がどっさり
根元のあずき色のぶつぶつが新鮮さを思いっきりアピール
透き通っています。
このぶつぶつなんて言うんだっけ?

旬の山菜 「タラの芽」 も促成栽培のものとは全く違い
棘が痛いほどで、「本物はやっぱり自然の恵みと再確認」

23

  このみずみずしさは生で頂けるほど!        ピント太陽に向かっていたのでしょう!新鮮

45

ぬかと鷹の爪を入れて茹で、一部は冷蔵庫で保存。明日のお教室で使わせていただきます。
ちょうど頂いたTさんもいらして下さるので楽しみです。竹の皮も季節感を添える脇役です。

6

まずは、茹でたてをお刺身で頂き、次はしびだし(鮪だし)で優しいお味に炊きあげました。
「あ~ 美味しい。日本人に生まれて幸せ」の一言。器は織部の自作貝皿です。

では、お次は 「土鍋で筍ご飯」 おこげがたまりませ~ん! 
器は、骨董古伊万里の蓋付茶碗で、京料亭のおもてなしに。

3

お気に入りのご飯用土鍋でおこげが出来るように、炊き上がった後にもう一度強火で2~3分炊きます。
すぐに盛り付けると、なかなかおこげがはがれないので、少し蒸らしてから底をこそげると、
もう感激のおこげが香ばしく食欲をそそります。

52

           〆は夜食のおにぎり。おこげと木の芽の香りが最高です。

1

       Tさん本当に有難うございました。旬のお味を堪能させていただきました。


① 筍・海老・グリーンピースのアンチョビー風味  ② 簡単ペペロンチーノを添えて  «  | BLOG TOP |  » 4月 春色たっぷり 洋風おもてなし

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (226)
洋食 (120)
中華 (112)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (111)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (139)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR