2017-11

春のお花に魅了され - 2013.04.19 Fri

1

      花水木(はなみずき)          花蘇芳(はなずおう)

春のお花に魅了され

幼いころから、お茶花を眺めえることがとても好きだった。
山野草などはあの可憐さが心を癒してくれる。
桜も 「そめいよしの」 から 「八重桜」 新緑の葉桜となり、
あまり好みでないお花見の賑やかさからも一呼吸
ここ暫くは、街路樹にも多くなった 「花水木」 が紅と白で咲き乱れている。
「花蘇芳(はなずおう)」 は所狭しと美しい紫の花を青空に輝かせる。

ひっそりと、隠れるように咲き誇るお茶花にも目を止めて・・・
ずっと眺めていても、決して飽きない優しさが・・・
杉苔から繊細ながらも、凛とした白いお花をつける 「一人静」

2

蹲(つくばい)には、著莪 (しゃが) のお花が咲いています。

4

子供のころから触れてきた 華道 「知香流」  には、こんなお茶花が欠かせない。
「本当はお料理より 『器とお花』 を愛してやまない」 とつい言ってしまう。
一応、お料理の先生ということなのに・・・
どんなに疲れていても、器とお花に触れていると、元気が出てくる。
きっと、仕事にしなかっらことが良かったのだと思う。
ゆったりと距離をもてるから
心から楽しめる余裕が生まれる。
何処か無責任な感じがいい
子育てではなく、孫との戯れのように。

そして、最近の楽しみはなんといっても 「お着物」 を選ぶこと

12

来週の着付けのお稽古には「黄八丈」大島に、
作家手刺繍の「環つなぎ」とつづれ織りの袋帯を選びました。
黄八丈のとても上品な縞模様と絹の鈍い輝きがとても美しい。
帯や帯締め・帯留めを変えるだけですっかり表情を変えるのが着物の奥深さ。
思いっきりバタバタ走り回っている日々への栄養剤かな・・・

では、最後に華やかな洋のお花達で春をご堪能下さい。

5

     6

9


     

新玉ねぎと鯛の重ね蒸し «  | BLOG TOP |  » イタリアンしらすオムレス

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (231)
洋食 (122)
中華 (114)
デザート (50)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (112)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (141)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR