2017-09

今月のお酒  吉村秀雄商店 ☆ 日本城初しぼり ☆ - 2017.03.14 Tue

お酒と粕汁のコピー

今月のお酒 
   吉村秀雄商店 ☆ 日本城初しぼり ☆ 


「せんの会」では、毎月和歌山の酒蔵「吉村秀雄商店」さんとコラボし
お料理に合う美味しい日本酒をお送り頂き、
メンバーの皆様にお楽しみ頂いております。
それでは、今月のサッパリとした新酒「初しぼり」のご紹介です

☆ 日本城初しぼり ☆
原材料:米、米麹、醸造アルコール アルコール度15度、精米歩合 58%  

☆ お酒の解説 ☆
藤田杜氏の、4期目となる28BY(平成28年醸造)の酒造りは10月15日の
蔵入りから始動しました!今年は新人2人も加わり、藤田もますます気合
の入った酒造りをしております。
蔵では、27BY より釜場を整備し、新型蒸し釜で蒸した酒は好評をいただ
きました。今年はさらに釜場の扱いにも慣れ、一段上の旨し酒が上槽でき
ました。麹造りは酒造の要でありますが、そのためには良い蒸米ができる
こと!
当蔵では、今年ももちろん全量、手作りの麹で仕込んでおります。
是非とも、この時期しか味わえない最初の新酒をご賞味ください。

☆ やわらぎ水のこと☆
昔から、ロックのウィスキーには、チェイサー(水)が添えています。大人の
酒といわれるウィスキーは、 「水を飲みながらゆっくりと飲む。」これがマ
ナーですね。 お店からの「いつまでも健康に酒を飲んでほしい」というさり
げない心遣いでしょう。
食中酒としてワインを飲む時は、傍らのグラスに水も入れてくれますよね。
日本酒もおいしく飲みたいなら、水がキーワードです。
日本酒通には「やわらぎ水」と言われています。大体、日本酒と同量くらい
の水を飲むとビールのようにお腹にももたれず、料理の味もリセットできま
す。さらに悪酔いせず楽しい会話が弾みます。飲み過ぎたと思っても 翌朝
の二日酔いはないでしょう。
日本酒は、酔うために飲むのではなく、 楽しむために飲むお酒でありたい
ですね。

お酒と砂ずり



ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ

ご馳走根菜サラダ 胡麻風味ドレッシング «  | BLOG TOP |  » 京都 「はり清」

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (229)
洋食 (120)
中華 (113)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (111)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (140)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR