2017-08

デザート 甘納豆かん - 2011.12.31 Sat

12deza-to

デザート 甘納豆かん

今年最後のアップとなりますが、皆様大晦日をいかがお過ごしでしょうか?
「せんの会」スタッフから私への、愛情あふれる贈り物だったこのブログ。
機械音痴の私に軌道に乗るまでの間、心を籠めて創り上げてくれました。
「せんの会」はそんな風に皆さんの温かい想いがいっぱい詰まった和みの隠れ家です。
おっちょこちょいで失敗ばっかりの私を皆さんが守って下さり、支えて下さり成り立っています。
「どこか、ほっとする空間」「自然の空気が流れていて、また訪れたくなる心のふるさと」でありた
いと願っています。

今年1年は、前向きに夢に向かって色々なことに挑戦出来た素晴らしい1年でした。
まだまだ、目標半ばですが、大きな夢に向かって少しずつステップアップし、
引き出しを幾重にも重ねて行きたいと思っています。
今年このブログでご縁を頂いた方々にも心より感謝申し上げ、
そして、皆様にとって来年も素敵な1年になりますことをお祈り致します。

では、新春にふさわしいデザートをご紹介致します。
寒天仕立てなのでおせちにも入れることが可能です。
お教室では、リキュールグラスに可愛らしく作ってみました。
レシピは型に流し入れ切り分けるようになっています。
とっても簡単なので、使ってみて下さいね!

〔材料〕
粉寒天     2g
水        250cc     
甘納豆(煮豆) 適量   
黒砂糖(砂糖) 大2~3    
金箔          ✍ 南天などの葉っぱを飾るとよりお正月らしくなる。

〔作り方〕
分量の水で甘納豆を15~30分浸しておく。ざるで漉して水を鍋に入れる。

①の鍋に砂糖と粉寒天を加え、かき混ぜながら中火にかける。沸騰したら火を弱め、
  木べらでかき混ぜながら1~2分煮る。

型に①の甘納豆を敷いて②を流し入れ、粗熱を取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

③を取り外して切り分け器に盛り、金箔をあしらう。
  ✍ 南天などの葉っぱを飾るとよりお正月らしくなる。


では、最後に大晦日に頂く 
「年越しそば」の豆知識

大晦日の夜に頂くのは江戸時代から広まった習わしのようで、切れやすいそばに旧年の苦労や災厄
を年末に切り捨て、家運や寿命が細く長く伸びるように縁起をかついで食べるようになったと言われて
います。
そば粉には血圧や血糖値・血中コレステロールを下げるルチンが豊富で、肝臓の働きを強化す
るコリン
疲労回復によいビタミンB1.B2をはじめカルシウム・鉄・マグネシウムなどのミネラル
やリジン等の必須アミノ酸、植物繊維などがバランスよく含まれています。



それでは、皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

                        平成23年師走晦日 「せんの会」生山久陽

謹賀新年 焼きおにぎりの蟹湯葉あんかけ «  | BLOG TOP |  » 鮪と活鯛の紅白盛りミルフィーユ仕立て

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (226)
洋食 (120)
中華 (112)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (111)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (139)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR