2017-08

大根と豚バラ肉のオイスター煮 - 2012.02.26 Sun

大根と豚バラ

大根と豚バラ肉のオイスター煮 

旬の野菜をふんだんに使った身体の中から綺麗にしてくれる栄養バランス抜群の一品です。
大根・長ねぎのとろとろ感は最高のお味。
にんにく・生姜・オイスターソースで中華の風味にお色付け。
豚バラもこんがり焼くことで脂肪分を落としヘルシーに!
煮汁が冷めれば表面にラードが浮くので、これも綺麗に取ってしまいましょう!

煮物は冷めるときにお味がしみるので、(B)のオイスターソースと醤油を加えて煮た後は
一度火を止めて寝かせるのがお勧めです。

ねぎのにおい成分の硫化アリルは豚肉のビタミンB1の吸収を高めます
ビタミンB1は疲労回復・睡眠改善に効果的。
「レバニラ炒め」も同様の効果が期待できる栄養的にも理にかなった取り合わせです。

器は黒マットの自作のもの。
足を2個にしたことで軽くお辞儀をしたような傾きが楽しい作品です。
この器に盛り付けるとお料理もなんだか舞台の上でスポットライトを浴びたように嬉しそう。

    
〔材料〕
豚バラ塊肉    300g
大根        小1本      
人参        1本       
長ねぎ       2本       
にんにく・生姜(薄切り)各1片  
(A)水        5カップ       
  酒        1/2カップ      
  砂糖       大3~4     
(B)オイスターソース  大3~4    
   醤油      大2 
    
塩・胡椒       各少々
胡麻油・サラダ油                           

〔作り方〕
大根は皮を厚めに剥き大きめの乱切りにする。人参も皮を剥き乱切りにして、(皮はきんぴらなど
  に使いましょう!)下茹でしておく。(電子レンジで加熱してもOK!) ねぎの白い部分は4㎝長さに、
  青い部分は斜め細切りにする。

豚肉は1㎝厚さに切り、S・Pをふる。 
  
フライパンに胡麻油・サラダ油(各大1)を熱し、ねぎの白い部分とにんにく・生姜を炒め、香りが立
  ったら、豚肉を入れて両面こんがりと焼く。

別の鍋に③の豚肉・ねぎを移し、大根・人参・(A)も加えて、濡らしたリードを(真ん中に穴をあける)
  のせて煮立ったら、弱めの中火にして15~20分ほど煮る。リードを取り(B)を加えて15~20分ほど
  煮て、器に盛りねぎの青い部分を散らす。


 野菜ソムリエ からの
ちょっと知りたい野菜の基礎知識

≪ ねぎ ≫ ねぎ科 原産地:中国西部 シベリア  
            旬:秋口から冬場 1~2月に美味しい。葉ねぎは秋から春に旬を迎える。

・中国では紀元前から栽培、日本では奈良時代に渡来したと言われる歴史のある野菜。

ビタミンC が豊富で、葉ねぎは緑黄色野菜に分類されるほどカロテンが豊富。
 ねぎのにおい成分の硫化アリルはビタミンB1の吸収を高め、疲労回復・睡眠改善に効果的。
 腸内細菌の繁殖を防ぎ、風邪予防につながる。
 ねぎの辛味成分は身体を温める効果がある。ねぎの薬効は古くから注目され、焼きねぎ湿布
 ねぎ湯など民間療法に使われてきた。

・長ねぎは、光沢があり、緑と白のコントラストが強く、重さがあり、身がふかふかしていないもの。
 青ねごは葉先まで鮮度があり、ピンとしているもの。

・長ねぎは新聞にくるんで立てて冷蔵庫で保存(短く切ってラップをする)。
 葉ねぎは湿らせた新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存。
 小口に切って、少量ずつラップでくるみ冷凍保存すると、薬味などに重宝する。

宮崎旅行 & 野球観戦 «  | BLOG TOP |  » とろ~り海老ワンタン

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (226)
洋食 (120)
中華 (112)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (111)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (139)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR