2017-06

片隅のお花や小物使いの優しさ - 2012.03.17 Sat

        ohana

                 片隅のお花や小物使いの優しさ
                
        お花

お床やお玄関、飾り棚などにお花を活けるのはよくあることですが、ちょっとして片隅
手洗いの鏡の前、トイレの床、キッチンのカウンター、階段の下、テーブルの上

豪華なお花ではなく、お庭のお花や道端や公園の雑草など
小さなお花にも表情がいっぱいあって、時間ごとに首を傾げたり、太陽に向かって一生懸命輝いたり
ピックリするほど自分を主張しているのです。

花器なんて必要ない。
お気に入りの食器も空き瓶も醤油さしだって、とっくりだってお花は待っていてくれる。
今日は朱の漆器、酒器が名乗りを上げる。
真ん丸の蓋も少し斜めに添えると、足元が落ち着きバランスがよくなる。
古布の敷物やコースターは欠かせない小物の一つ。

1輪の花弁がしおれ出したら、急にお花達は寂しさを物語る。
やっぱり、お水をかえ、何かお着替えしてあげなくては・・・
今日は、先月活けていた「ハシバミ」の実を添えてあげた。

すると、松ぼっくりのようなアクセサリーは桃の可憐なお花を引き立てる。
明日になったら、手前のクリスマスローズが少しお疲れ気味かもね?!

でも、後ろの蕾がいい感じにほころび始めそう。
「そこのちっちゃいの、『先頭で前になれ!』」って声をかけてあげよっと。

毎日表情を変えるお花は赤ちゃんのように構ってあげると愛情が湧いてくる。

こんな風に「せんの会」のお教室はいつも季節が皆様をお出迎え。

お箸_convert_20120311175704

お気に入りの竹箸には、毎月メンバーの「後藤晴美」さん作の箸帯が彩りを添えてくれるのです。
今月は「お雛様」
こんなにちっちゃな一筆画を毎月100枚描いて送って来て下さいます。
本当に心から感謝、感謝。

ありがとうございます。

ohashi


ボウル・ざる・バット・鍋・鍋の蓋などの賢い収納(スライド引き出しタイプ) «  | BLOG TOP |  » 豆腐ステーキ 和風カレーあんかけ

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (113)
和食 (224)
洋食 (120)
中華 (108)
デザート (49)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (110)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (139)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR