2017-10

「母の日」 息子からのプレゼント 「致知」 - 2012.05.12 Sat

   hahanohi

 「母の日」 息子からのプレゼント 「致知」 

5年前、突然 息子も娘もそれぞれの夢を胸に抱いて巣立っていきました。

息子は野球 娘は建築

大学を休学しての思いもかけない進路に心から賛成してやれない母がいました。
四国の独立リーグで2年。
香川の温かい皆様に支えて頂きながら、公立高校出身の普通の少年だった野球選手が
千葉ロッテマリーンズに「ドラフト会議」で育成枠ながら指名して頂きました。

本当に本当に天地がひっくり返るほどの驚きでした。

ドラフト会議で息子の名前が呼ばれ、そして、その夜、
「千葉ロッテマリーズ スカウトの黒木です。本日、裕人さんを指名させていただきました。」
と、自宅に突然電話があったのです。

信念を持って努力を重ね、支えて下さる方々への感謝の気持ちを忘れず、夢を追いかけて
いると、何処かでその姿を見て下さっているのだと実感しました。
そして、夢は本当に叶うものなのだと、彼に教えられました。

野球のことは良く分からない私ですが、プロ野球選手となった彼は人間として日に日に大きく
成長しています。私自信、彼から教えらることがたくさんあります。
強豪校に居なかった彼の野球の師は「本」だったのです。

そんな彼からの 「母の日」 のプレゼントは人間学を学ぶ月刊誌 「致知」 の年間購読。
一年間送って来てくれるようです。

人間学を学ぶ月刊誌「致知」 titi

今年、お正月に帰阪の折、携帯への 「致知一日一言」 を登録してくれました。
毎朝、著名人の一言が送られてきます。

ちなみに今朝は 「失敗と書いて 『せいちょう』 と読む」 野村克也(東北楽天名誉監督)

私は毎朝、この「致知一日一言」 に励まされながら、充実した毎日を送らせて頂いています。

どうぞ、ご興味のある方はお問い合わせください。  「致知」  こちらから!

本日は親ばかブログをお許し頂きたいと思います。


5月 春の野菜たっぷり簡単アジアン薬膳 «  | BLOG TOP |  » 山田おかき店 「かりんとう」

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (114)
和食 (229)
洋食 (120)
中華 (113)
デザート (50)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (112)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (141)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (143)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR