2月topimage

2018-06

小松菜としめじの白和え カリカリ豚バラを添えて!  - 2017.11.06 Mon

1

小松菜としめじの白和え カリカリ豚バラを添えて!

もう一品何か思いつかない!
なんて時にお勧めのヘルシーレシピ

クルミを加えること
カリカリ豚バラを添えること(カリカリベーコンもおすすめ!)

「白和えはどーも!」という方にも
ちょっとしたアレンジで
「へー!美味しいやん・・・」

こんな時、料理人は思わず
「やったー!」
また、工夫を凝らしてみんなを笑顔にするぞ・・・
とばかりにパワーを頂くのです
お料理は本当に人を幸せにする魔法の小箱です

小松菜としめじの白和え カリカリ豚バラを添えて!

〔材料〕
小松菜          2束
木綿豆腐        150g     
人参(せん切り)     1/3本    
しめじ        1パック   
(A)味噌・砂糖     各大1       
  醤油       小1          
  白すり胡麻     大1           
クルミ(みじん切り)  大1~2  
豚バラ肉        200g    
大葉(サラダ菜)      適量
プチトマト       適量     

〔作り方〕
木綿豆腐はキッチンペーパーに包み電子レンジで 2分加熱して後、しっかり水切りする。

小松菜・人参は塩茹でして、冷水にさらして冷ましてから水気を絞り、小松菜は4cmくらい
 に切る。しめじは小房に分けて茹で水気を絞る。 
  
ボウルに豆腐をくずしながら入れ、(A)を加えて混ぜ小松菜・しめじ・クルミを加えて和える。

豚バラ肉は7~8cmに切り、フライパンに1枚ずつ並べて、途中余分な油を拭き取りながら
 両面カリリカリに焼く。

器に大葉を敷き、白和えを盛り付け、カリカリ豚バラとプチトマトを添える。



クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ

野菜たっぷり鮭の南蛮漬け - 2017.10.28 Sat

4

野菜たっぷり鮭の南蛮漬け

野菜が大好きな私
シンプルに食べれば良いのに
お魚もお肉もついお野菜と一緒!

今年は鮭が不漁とのことですが
南蛮ダレにお出しを加えてマイルドなお味に
たっぷりなカラフル野菜で栄浪満点
旬の味覚を楽しんでみませんか!?

冷蔵庫で2~3日保存可能ですし
鮭の代わりに鰺やシシャモ・鶏のささみ等々
アレンジも幅広くお楽しみ頂けます

器は自作モノトーンの水玉模様大鉢
お揃いの小鉢も温かみがあり
食材を引き立てる登場回数トップ5に入る器達です 

〔材料〕
生鮭          4切れ
赤パプリカ(赤・黄)   各1/4ケ  
玉ねぎ・きゅうり    各1/2ケ 
セロリ・人参      各1/2本  
生姜         1片分   
塩・胡椒        各少々   
小麦粉         大3   
(A)出し汁       1カップ   
  米酢        3/4カップ  
  砂糖         大4~5 
  薄口醤油      大3    
青柚子の絞り汁と輪切り 各適量
鷹の爪(小口切り)1本分  ★ 青柚子の代わりにレモンやすだちを使用しても良い!
揚げ油        適量 

〔作り方〕
玉ねぎは薄切り、パプリカは細切り、きゅうり・セ ロリ・人参・生姜はそれぞれせん切りにする。

鮭は1切れを2~3個に切り、塩・胡椒をして小麦粉をまぶす。(A)を火にかけ、保存容器に入
 れておく。

フライパンに揚げ油を熱し、①の鮭をカリッと揚げ、油を良く切って、熱いうちに①の南蛮酢に
 漬ける。

③の上に①の野菜をまんべんなくのせ、青柚子の絞り汁をかけ、青柚子の輪切りと鷹の爪を
 散らす。 味を馴染ませる。冷蔵庫で3~4日保存可能です。
      


クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ



  


 

具沢山の冷やし簡単鶏飯 - 2017.09.13 Wed

1

具沢山の冷やし簡単鶏飯

鶏胸肉をたっぷりのスープで煮て
鶏肉はほぐし、スープはお味を足してだし茶漬けにします

トッピングの具材は彩美しく
お好みで選びましょう!

食欲のない時や、
お出かけの時に前もって準備しておくのもお勧め
寒くなって来たら温かいスープでほっこり温まって下さいね!

鶏胸肉が余ったら、たっぷりスープを吸わせてから
保存容器や袋に入れ、ペタンコにして冷凍保存して下さい
色々な場面で大活躍ですよ!


〔材料〕
ご飯           4杯分
鶏胸肉          1枚      
塩・胡椒         各少々     
(A)生姜(薄切り)      適量    
  長ねぎ(青い部分)   1本分   
  チキンスープ      3cup     
  酒          大2      
(B)薄口醤油・塩      各適量     
生椎茸          6~7枚   
人参           1/2本   
三つ葉          1/2ワ    
たくあん(せん切り)    適量   
梅肉            適量    
わさび(柚子胡椒)      各適量    

〔作り方〕
鶏肉は厚みを半分に切り、塩・胡椒をふっておく。鍋に(A)を入れて強火にかけ、煮立っ
 たら鶏を加えて中火で5~6分茹で、火を止めて鍋のまま冷ます。

生椎茸は薄切り、椎茸の軸の部分と人参はせん切りにする。三つ葉はざく切りにする。

①の鶏をお皿に移して、握りこぶしでたたくように押し付けてから細かく裂いて、茹で汁
 を大さじ3~4杯をかけておく。
         
②の野菜も耐熱皿に入れて、①の茹で汁を大さじ2~3杯をかけラップをして電子レンジ
 (600W)で3分加熱する。①の茹で汁に湯を加えて4~5cupにして(B)で調味してスープを作る。

器にご飯をよそい、鶏・野菜・たくあん等をのせスープと薬味を添える。




クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ


  

茄子の揚げ煮ピリ辛甘酢味  - 2017.09.03 Sun

1

茄子の揚げ煮ピリ辛甘酢味 

茄子をシンプルに紫色鮮やかに仕上げました
口の中でとろける美味しさ
「秋茄子は嫁に食わすな!」なんて、
意地悪言わずに
どんどんいただきましょう!

茄子の紫色はアントシアニン系色素でポリフェノールの一種『ナスニン』
発がん物質抑制効果も期待でき
眼精疲労の回復効果もあります

色鮮やかに仕上げるためには
皮面から油で炒めたり素揚げすると良いでしょう
視覚からのご馳走も大切に!

器は花びら型に仕上げた
素敵な釉薬の自作小鉢です

〔材料〕
茄子         5~6ケ
(A)酒         大2      
  みりん      大1       
  黒酢       大2     
  蜂蜜        大1      
  醤油        小1      
  豆板醤・片栗粉  各小1/2~1  
  粗引き胡椒     少々   
揚げ油         適量      
香菜(三つ葉)      適量      
白・黒胡麻      各適量


〔作り方〕
茄子の半分は全て皮を剥き乱切りにする。残りのは皮付きのまま乱切りにする。
 どちらも水に漬けてアク抜きして、水気を拭く。

①の茄子を170℃に熱した油でさっと揚げる。皮付きの茄子は皮面から揚げると
 色鮮やかになる。

中華鍋に(A)調味料を加えて中火で熱し、一煮立ち香りが立ったら②の茄子を加
 える。

③の茄子と調味料を絡めるように混ぜ合わせ、味を馴染ませる。

④を器に盛り付け、白・黒胡麻を散らし香菜を添える




クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ


  

冷やし茶碗蒸しのトマトあんかけ - 2017.08.27 Sun

1

冷やし茶碗蒸しのトマトあんかけ

残暑厳しい中、早朝の空気にわずかな秋の気配を感じるようになりました
夏バテで食欲のない方にお勧めのレシピ

のどごし爽やかな冷やし茶碗蒸し
トマトあんかけでリコピンやビタミン
夏の疲れや肌へのいたわりも・・・

茶碗蒸しを上手に作るポイントは
卵液を必ず濾すこと
滑らかになりますよ!

蒸すときの火加減
蒸し器内が85℃以上にならないように
弱火で加熱
蓋を少しずらしておくのも良いでしょう

茶碗蒸しの表面に水滴が落ちないように
蓋に濡れ布巾を巻いておくことです

枝豆も添えて、彩りも美しく
青柚子をすりおろし、ササっとふりかけ
香りのご馳走もお楽しみ頂きます


〔材料〕
卵              2ケ
(A)出し汁          400ml    
  薄口しょうゆ・酒・みりん 各小1   
(B)だし汁          200ml    
  みりん・薄口醤油     各大1  
水溶き片栗粉         適量 
トマト・枝豆(そら豆)      各適量 
青柚子の皮のすりおろし     適量       

〔作り方〕
卵は割りほぐし(A)の調味料を加えて混ぜ、裏ごしする。耐熱の容器に入れて蒸し器で
 強火で2分、弱火にして10~15分器の大きさに合わせて加熱し、冷やしておく。 
 
トマトは湯剥きして、種は取り除き果肉を1cm角に切る。枝豆は熱湯に塩を加えて茹で
 さやから取り出しておく。

鍋に(B)を入れて火にかけ、水溶き片栗粉でとろみを付け、冷やしておく。①の卵豆腐に
 あんをかけ、青柚子の皮のすりおろしをふり、トマトとそら豆を散らす。  



クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ


  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

生山久陽

Author:生山久陽

野菜ソムリエ協会認定料理教室
ベジフルクッカリー講師

たった4人のお友達とはじめたお料理教室「せんの会」。
ご紹介だけで輪が広がって、老若男女さまざまな方々に支えられて、和やかに集える憩いの場となっています。

せんの会は家庭料理の大切さや、おもてなしの楽しみを多くの方々と共有したいという思いからレシピを公開しております。
営利目的でのご使用や無断転載はご遠慮下さい。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おせち.・クリスマス・おもてなし料理 (120)
和食 (236)
洋食 (125)
中華 (114)
デザート (51)
エスニック (80)
愛する器・小物達 (27)
しつらえ・テーブルコーディネート (116)
素敵なご縁 (作家 ギャラリー 教室等) (146)
ちょっとしたヒント (収納術・野菜の知識) (18)
美味しいもの・お店紹介、その他 (146)

リンク

ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR